天草バイオアグリカルチャー研究会
〜常識の中に答えはない〜
本研究会趣旨
  • 微生物(バイオ)の力で環境(水・土・空気)改善の実践する。

 

 リンク (複合発酵技術)

 

  • 研究会および実践を通して参加者がそれぞれの地域で環境改善ができる実践力(知識・行動・人のネットワーク)を身につける。

 

研究会の対象者イメージ

 

 

・生活環境の改善を求められている方

 

・河川、湖沼等の汚染・悪臭等で困っている方

 

・農地の改善を求められている方(農薬、亜硝酸態窒素等)

 

・家畜、ペット等の汚物、悪臭等で困っている方

 

・消費者の立場で食、環境、上記のような課題の解決に興味関心があり、その内容を伝えていただける方

 

 

農家(米・野菜・果物)、家畜農家、環境活動を実践されている方にも十分に役に立つ情報を提供できる研究会です。

 

戦後100年足らずの間に、自然は大きく変わったといわれています。

 

自然の力、微生物(バイオ)の力を借りて、元の美しい地球、自然に戻したい。

この志を共に、これからの未来をともに創造していきましょう!

研究会専属講師:川端 政俊    (天草市在住)

  • 国内・海外で土壌発酵、環境改善の指導・普及活動を実践

  • 畜産飼育場の環境改善の指導

  • 高嶋開発工学総合研究所にて複合発酵技術の研究

  • 福島浪江町にて土壌発酵による放射能除染検証実施

事務局:株式会社 うまし・杜  縄田

第一回 研究会  平成30年12月6・7日実施

・養豚場見学 環境良化の実施事例(悪臭・汚泥・水質汚染の大幅な改善)

・複合発酵、バイオ(微生物)について 座学  質疑応答

​・ビニールハウスでのバイオアグリカルチャー実践現場見学

第二回 研究会  平成31年3月23日(土)13:00〜 天草 

土壌改良について  残留硝酸態窒素

堆肥づくり実践

家畜農家との連携について